<FFXIV>サブキャラ活用法@所持ギルの増加状況<2016年11月>

FinalFantasyXIV
FINAL FANTASY XV_20161129162404

何が売れたのか分析

今月は、たったの241万ギルしか増えませんでした。理由はいくつかありますが、まず1つは急騰した素材の価格が、ピークを終えて落ち着いてしまって、大きな利益を生んでいる素材がない状況です。日頃からコンスタントに売れているキャラ8スプルース材ダークスチールナゲットや、キャラ6レザーワックス、低レベル向けの装備品などが利益を下支えをしています。安定した利益を生むには安定した価格で売却できる素材をラインナップにそろえておくことも大切です。

少し驚いたのは、キャラ5は主にプリズムと魚介類の売却で67万ギルも増えています。プリズムも魚介類もさほど利益が大きい商材ではないので、これは私自身がビックリしている金額です。

一方で今後の収入の種となるものを買う機会が多く、相変わらず投売りされている素材(布や金属、木材など)と、売却価格割れを起こしていたマテリア類や今後必要になりそうなマテリア類を大量に購入し、200万ギル前後消費したために、キャラ1、キャラ2は減額となっています。売却価格以下になっているマテリアは、すぐ道具屋などで売れば利益にはなるのですが、保有したままにしてあります。それを差し引いても今月は500万ギル前後しか利益が出ていません。

売却価格割れマテリアの転売

サブキャラを作りたての場合に、装備品などを購入するギルを一時的に増やしたいときに、売却価格割れしているマテリア類を買って売るのはオススメの錬金術です。今はマテリアの中でも特にマテリダは不用品扱いで、20%以上安く売りに出ていることもあるので、あっという間に数万ギル増やすことも可能です。(マーケット手数料5%分を考慮しないと損しますので注意。)

もちろん投資として購入したものの中には損を出すものも多くありますが、それ以上に利益を出すものは何倍にもなって利益を産むので、多少損を出しても影響はありません。予想が可能なものもあれば、開発側の裁量で突然利益に化ける素材まではわかりませんので、幅広く安いものに投資しておくのが大切です。

このようにして購入したマテリア類などを、すぐに売却すれば、マイナスになることはなかったかもしれませんが、保有してしまっているので、1億ギルまで残り1600万ギルほどですが、さすがに年内の1億ギル越えは少し厳しい状況になりました。特にギルを増やしても今はライトユーザーになってしまって、使い道がないので、ただ貯まっていくだけですけどね…。

by vermillion




FinalFantasyXIV ノウハウ
vermillion.cをフォローする
Vermillion's Cafe~コーヒーを飲みながらひと時のゲームを楽しむ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました