Sponsored Link

<FFXIV>学者のホットバーレイアウト



学者のホットバーレイアウト(ゲームパッド派)

私はプレイする際には、ほぼゲームパッドで完結するようにしています。コントローラとマウス&キーボードの持ち替えは、タイムラグが大きくボタンを押し間違える可能性も高いので、エンドコンテンツであってもゲームパッドでプレイしています。これは私がPlaystation3からファイナルファンタジーXIVを開始したことが大きく影響していますね。

HUDレイアウト

私が学者でプレイする際の基本的なホットバーレイアウトはHUDレイアウトの記事でも書きましたが、HUDレイアウト上で特に気にしているのは、以下の点です。

(1)PTメンバー全員のHPやステータス ⇒ PTリスト
(2)ボスなどの攻撃の予兆 ⇒ ターゲット情報やフォーカスターゲット
(3)自身のアビリティのリキャスト ⇒ ホットバー&XHB
(4)自身のバフステータス ⇒ バフ・デバフステータス情報
(5)自身のHP&MPの状態 ⇒ キャラクターパラメータ
(6)ヘイトの状況 ⇒ 敵対リスト

以上のことを留意して、画面中央下のXHBの上に、下から順にステータスバー、ホットバー、バフ/デバフと配置されていて、さらにその上にフォーカスターゲットとターゲット情報が配置されています。キャラクターを見ているときにでもすぐに目に入る位置を意識しています。

FFXIV ファイナルファンタジーXIV 学者 scholer マクロ macro ホットバー フェアリー 妖精 癒し

画面にはありませんがXHBのすぐ左にヒーラーにとってはとても大切なPTリストが配置され、その左にPT内のチャットなどが表示されるウィンドウが配置され、基本的には画面下から左下を眺めているだけで必要な情報が入ってくるように配置しています。

XHBの右側には比較的よく使うコマンド、さらに右側画面の隅には、たまに使うコマンドと使用頻度に応じて、グループ分けをしてレイアウトもまとめてあります。右側のチャットウィンドウにシステム情報を分割することでPTチャット内に余計な情報が入ってチャットが流れないようにしています。

Sponsored Link

フォローする

Sponsored Link